2015
11/23

COMMENTS:
No Comments »

人が見る夢には多くのヒントが現れる

私達の生命は何かしらの行動パターンというものを先天的として持ち合わせています。蜜蜂は学校で教わった訳ではなく、頑丈な六角形の巣を作り出す事が可能です。心理学の中では深層心理学と言う学問があり、元型と呼ばれる情報体にアクセスを行ない、その仕組を感じ取っている物だと解釈をされている事があります。人で言えば理性が弱まる、寝ている間に潜在意識が表に現れる事によってアクセスが可能となり、その姿が夢の一部として現れる事があります。この元型というのは、様々な内容がありますが、その中でもメッセージ性が強く現れるのが老賢者と呼ばれる元型になります。夢の中で老賢者の姿として現れる事もあれば、友人や知人、時には家族の姿として現れる事もあります。老賢者だと判断をする指標の一つに、知らない内容を教えてもらい知る事が挙げられます。夢を思い出す事によって、その内容を認識する事が大切ですが、たとえ思い出されなくても体験が起きている現実世界で影響を与え、体験をした様な行動を無意識に取る事もあります。ポイントは、見た内容を朝メモに書き写す事を続ければ、メッセージ性が強まり鮮明なイメージとして体験する事が可能になります。仕事に対するアイデア、自分自身の方向性に迷われている場合、恋愛においても良いアドバイスを授かる可能性があります。一般的な方が、絶対的に見て思い出す方法と言うのは、難しい物でありますが、適度な運動をして血行を良くし脳の働きを良くしておく事もポイントの一つになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です