2015
12/06

COMMENTS:
No Comments »

看護師になる夢とクリニック勤務

小さい頃から将来は何をしたいか考えさせる教育方針はよく取り入れられています。そうすることで、幼いながらも将来の夢を抱き、その目標に向かって突き進んでいくのです。女の子が将来になりたい職業として候補によくあがるのはお菓子屋さんやケーキ屋さん、おもちゃ屋さんというものが代表的ですが、それと並んであがってくるのが看護師です。小さい子供は自分のやりたいことや好きなことを仕事にしたいと考えるものであり、美味しいものや遊び道具というのは魅力的でしょう。それに加えて看護師があがってくるのにはわけがあります。小さい頃というのは何かにつけて病気になってしまうことが多く、親も心配して病院に連れて行くことが多いのではないでしょうか。そのときに病院やクリニックでいつも優しくしてくれる人が看護師であり、その姿に憧れを持つのです。こういった夢を追い求めて看護師を目指す人も多いものの、実際に病院で仕事についてみると想像していたのと違うという感じを受けてしまうことも珍しくありません。また、意外に患者との距離が遠くなってしまいがちなのです。こういった人が勘違いしてしまいがちなのが病院とクリニックの役割の違いでしょう。小さい頃に行ったことがあるのはクリニックであり、クリニックにいる看護師はより病院看護師よりも患者に近い立場で接することができる場合が多いからです。地元に根ざすということがクリニックの重要な役割であり、それを実現できるようにシステムができています。小さい頃に思い描いた夢を実現するにはクリニック勤務を選ぶと良いのです。馴染みのクリニックに似た看護師の求人を探して夢を実現させてみるのはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です